読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tksyfx.diary

相場の考察と取引履歴、自己満です。

tksyfx.diary

知識欲つよめ、意見交換会求む

レンジとトレンド

FXコラム

 少し前に、水平線を使ったスキャルピングでバシバシ抜いてくスタイルのトレード内容を終始見せてもらったことがあり、とても衝撃的だったことを覚えています。

 「ここの水平線で反発するから当たったら損切り置いて逆もっとけばいいんだよ」って完全な逆張りスタイルで簡単に稼いでいるのを見せつけられ、これは間違いなく聖杯だと確信しすぐに線を引いてエントリー... 結果は惨敗でした(当たり前ですね)

 その後色々なブログを見て勉強してますが、最近腑に落ちたことを書きます。今更感がすごいですが、頭が悪いのがよくわかりますね。とても痛感してます。笑

レンジ内での動き方

レンジ内では、指標等ないところではブレイクしない限り、どこでエントリーしても戻ってくる可能性が高いんです。(あくまで可能性と性質の話です)

 僕が適当に言った向きとポジションでもトントンまたは少しプラスにしてとっていました。これは僕にとってかなり大きな気づきになったと思います。

レンジだった値幅をぶち破ることをブレイク(切り上げor切り下げ)と言います。まぁ呼び方はどうでもいいですね。

レンジの判別

 移動平均線を引いてみるとわかりやすいかもしれません、線が上向きでも下向きでもなく、水平でいるところがレンジって言われるとこですね。

 しかし、いつまでも一定の値段を推移することはないので、どちらかに振れます。今回は関係ないですが、

チャートはレンジとトレンドで出来ている

 単純に言ってしまうと相場はレンジかトレンドのどちらかになります。

1分足でみるとごちゃごちゃ行ったり来たりしているところも、大きい足で見ればレンジだったりします。

 

レンジが終わるとトレンドが始まり、トレンドが終わるとレンジが始まります。

 

f:id:kyaputenn13:20170129224250p:plain

 

トレンドとレンジの起点やパターンなんかはまだ落とし込めていないので、また後日。

 

来週からはレンジになっているところを中心にトレードするスタイルを心がけて行き、その他は勝てそうにないからおとなしくしています。わら